2016/05/24

「2歳児」子育て支援 千葉市、幼稚園に最大40万円

男性保育士と子どもたち(カラー)


東京新聞
------------------------------------------------------------------------------------------------
 千葉市は、二歳児を受け入れている幼稚園を対象に、最大四十万円を助成する事業を試験的に始めた。二歳は自主性が高まり「イヤイヤ期」を迎えるころで、親が子育てに悩みやすい時期。助成により、本来の入園年齢の三歳になる前から子育てをサポートする態勢を整える。
 市によると、全国的にも珍しい取り組み。助成は利用料を一回千百円以下に抑えることや、親の育児相談に応じることが条件となる。本年度の対象は十一園で、いずれも一週間のうち二~三日、二歳児を中心とした未就園児の預かり事業を実施している。
 市の担当者は「二歳は『親子分離』が有効とされている時期。子どもの教育的な効果に加え、親にとっては育児の相談ができる機会にもなる」と説明。助成により、受け入れ施設の増加や質の向上を後押しするとしている。
 保護者アンケートなどで効果を検証した上、来年度以降、対象となる幼稚園を広げる。 (内田淳二)
------------------------------------------------------------------------------------------------