2016/05/10

妊娠期から育児まで切れ目ない支援へ 新潟県見附市

保育士さんと子どもたち(ソフト)


朝日新聞
------------------------------------------------------------------------------------------------
 新潟県見附市は9日、妊娠期から育児までの切れ目ない支援を行う「ネウボラみつけ」を市保健福祉センター(学校町2丁目)内に開設する。助産師が常駐し、産前産後サポートと、発達の気になる子どもの早期支援を一元的に行う。
 産後ケア事業として、助産師を1人配置。希望者には自宅で乳房ケアや沐浴(もくよく)指導(4400円)などを行う。また、生後1年までは子育て支援員の資格を持ったヘルパーに1時間1千円で育児や家事などを手伝ってもらえる。いずれも半額を市が助成する。
 子育てに関する相談に応じる保健師「母子保健コーディネーター」1人をセンターに配置。状況に応じた情報提供や産後ケア事業の利用などを促す。
 また、臨床心理士、言語聴覚士が乳幼児検診に当たり、発達障害の早期発見・治療を目指す。久住時男市長は「市内の保育園などを調べた結果、発達が気になる子どもが15%ほどいた。早期に発見し適切な対応につなげたい」と話す。
------------------------------------------------------------------------------------------------