2016/06/06

世田谷区、2016年度に保育定員2200人増 0~2歳児向け強化

バザーのイラスト(カラー)


日本経済新聞
------------------------------------------------------------------------------------------------
 東京都世田谷区は2日、2016年度に保育定員を2211人増やすと発表した。保育所に入れない待機児童が4月1日時点で1198人と過去最多を更新しており、解消を目指す。計画通り増やせれば、来年4月の保育定員は約1万8100人となるが、住民の反対などで保育所新設が頓挫する例も多く、100%実現できるかは不透明だ。
 保育定員の拡大は、認可保育所の新設や小規模保育施設の整備で実現を目指す。特に待機児童の大半を占める0~2歳の受け入れに重点を置く。事業費は43億円程度となる見込みだ。
 世田谷区は15年度に約2000人の定員増を掲げたが、実際に増やせたのは計画の6割強の約1260人だった。保育所を新設する予定地周辺の住民の反対や、事業者の撤退が響いた。保坂展人区長は同日の記者会見で「(定員増の計画を)すべて実現したいが、これからの努力次第だ」と語った。
 都内では今年度、杉並区も約2200人の増員計画を打ち出している。世田谷、杉並両区の定員増は政令指定都市を除く区市町村レベルでは前例のない規模となる。
------------------------------------------------------------------------------------------------