2016/06/09

関連ニュースはこちら 新潟市


毎日新聞
------------------------------------------------------------------------------------------------
 新潟市の篠田昭市長と幹部職員らは6日、職員が仕事と子育てを両立できる職場環境を整えようと、部下に配慮し、自らもワーク・ライフ・バランスを重視する上司となることを目指す「イクボス宣言」を行った。
     同市役所で開いた宣言式には、篠田市長や副市長、部長級以上の幹部職員ら計53人が出席。「部下の育児・介護・家事などの家庭生活と仕事の両立を応援」「自らも実践者として充実した人生を楽しみ、新潟暮らしを満喫する」などと書かれた宣言書に署名した。
     市は3歳未満の子を持つ職員を対象に育児休業の取得を認め、女性職員の取得率は100%に達しているが、男性職員はまだ取りづらい環境にあるという。このため市では2015〜19年度まで、男性職員の育休取得率を毎年5%以上とすることを目標に掲げ、15年度は11・5%を達成。今回のイクボス宣言により、男性職員の育休取得をさらに後押しする。
     またイクボスは、子育てに限らず、介護や自己啓発など多岐にわたって部下の生活と仕事の両立を応援するという。今後は市内の民間企業への働きかけも進めるといい、浜田栄治副市長は「経済団体との会合などでパンフレットを配布し、市の精神を広めていきたい」と話した。【柳沢亮】
    ------------------------------------------------------------------------------------------------