2016/07/26

保育士の業務効率化に補助 さいたま市


教育新聞
------------------------------------------------------------------------------------------------
さいたま市は、今年度の新事業として、民間保育所などでの業務効率化推進事業を実施する。保育士の負担軽減がねらい。事務の効率化を図る保育支援システムの導入や、事故を予防するためのビデオカメラの設置などに補助金を出す。

支援システムの導入を推進し、保育士の保育日誌作成など日々の業務負担軽減と事務の効率化を図り、勤務環境の改善と保育の質向上につなげる。子どもが午睡する場所やプールなど、事故が起きやすい場所へのビデオカメラ設置を推進し、事故防止や、万が一事故が起こった後の検証の体制強化を図る。

支援システムでは、園児台帳の作成・管理が簡単にできるほか、 保育日誌や指導計画についてテンプレートを活用するなどで、事務作業の効率化を図る。

1施設あたりの補助は、システム導入にかかる費用が最高100万円、カメラ設置にかかる費用は最高10万円となる。8月1日から申請を受け付ける。
------------------------------------------------------------------------------------------------