2016/07/29

静岡マラソンで人命救助した児童3人に感謝状


日刊スポーツ
------------------------------------------------------------------------------------------------
今年3月6日の第3回静岡マラソンで人命救助に協力したとして、29日、静岡市立安東小の児童3人に静岡市消防局と大会実行委員会から感謝状が贈呈された。

 児童は中田千香子さん(5年)赤木翔くん(5年)と弟の赤木颯くん(2年)。30代女性がスタート5キロ付近で倒れたことで、3人は近くの静岡市中央図書館にAEDがあることを思い出し、図書館から借りたAEDを現場に届けた。すぐにそれを後続ランナーで医師の男性2人が使用。適切な処置で心肺停止状態だった女性は、自己心拍及び自発呼吸を再開した。

 父が救急医の中田さんは「お父さんの影響もあって、助けたいという気持ちが大きくなりました」と振り返り、「実は図書館が開いていなくて、一緒にいたおじさんから『命の方が大事だ』と言われ、裏口から入りました」と明かした。

 兄弟の赤木翔くん、楓くんは「(女性を見て)すぐに命が危ないと思いました。人を助けることができて良かったと思います」と声をそろえた。
------------------------------------------------------------------------------------------------