2016/07/04

新座市長選は新人一騎打ち 育児支援など争点


東京新聞
------------------------------------------------------------------------------------------------
 新座市長選は三日告示され、無所属新人で元市議の並木傑(まさる)さん(57)=自民推薦=と、共産新人で元市議の朝賀英義さん(66)の二人が立候補を届け出た。六期目の須田健治市長(70)が今期限りで引退するのを受け、新人同士の一騎打ちとなった。
 並木さんは同市野火止の自動車整備・販売会社で第一声。「須田市政を継承し、区画整理事業などの大型プロジェクトや観光都市づくりを推進する。待機児童解消にも取り組む」と訴えた。
 朝賀さんは、東武東上線志木駅前で第一声。「実現可能性の薄い都営大江戸線延伸整備費用の積立金を取り崩したり、大規模区画整理事業を見直したりして、介護や子育て支援を充実させる」と訴えた。
 投票は十日に行われ、新座市民総合体育館で即日開票される。二日現在の選挙人名簿登録者数は十三万六千百九十七人。 (服部展和)
------------------------------------------------------------------------------------------------