2016/07/28

リオ五輪目前、スラム街の子どもたちに「贈り物」

TBS News
------------------------------------------------------------------------------------------------
オリンピック開幕を前に26日、ブラジル・リオデジャネイロのスラム街の子どもたちに贈り物です。
 「治安維持部隊が貧しい地域に作ったサッカー場。プレーしているのは、この地域に住む子どもたちです」(記者)
 リオデジャネイロのファベーラと呼ばれるスラム街では、スポーツを通して少年たちの非行を防ぐ試みで、治安維持部隊が7年前にサッカー場を整備しました。そこで裸足や古いシューズで練習する子どもたちのために、26日、日本の在リオデジャネイロ総領事館がサッカーシューズ100足、ボール2個などをプレゼントしました。
 「前のボールは空気が抜けて、いつも空気を入れなければいけなかった。このボールは全然違うよ」(子ども)
 「バルセロナとかレアルマドリードとか海外のサッカーチームでプレーできたらいいし、日本にも行きたいな」(子ども)
 贈呈式の後には、さっそく新しいボールで日本総領事館員との交流試合が行われました。(27日17:00)
------------------------------------------------------------------------------------------------