2016/07/22

子どもの夏の感染症「ヘルパンギーナ」東京・神奈川で急増


NHK
------------------------------------------------------------------------------------------------
毎年、夏の時期に子どもを中心に流行する感染症、「ヘルパンギーナ」の患者が東京都内や神奈川県内などで急増していることが分かり、各自治体は、こまめな手洗いなど予防策を徹底するよう呼びかけています。
「ヘルパンギーナ」は毎年、夏の時期に6歳以下の子どもを中心に流行する感染症で、38度以上の突然の発熱や口の中に水ほうができる症状が特徴です。

東京都によりますと先月から患者が増え始め、今月17日までの1週間で、都内のおよそ半数の保健所に報告された1医療機関あたりの患者数が都の警報レベルの6人を超えたということです。
また、神奈川県内では、今月上旬から患者が増加し今月17日までの1週間に横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉、三崎の5つの保健所の管内で、警報レベルを超えたということです。
ヘルパンギーナは、咳やくしゃみのほか、体液や便からも感染するということで、各自治体はうがい、手洗いに加え、家族でタオルを共用しないなどの感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。
------------------------------------------------------------------------------------------------