2016/10/29

乳児を放置し、殺害した疑い 16歳の少女を逮捕 栃木


朝日新聞デジタル
------------------------------------------------------------------------------------------------
栃木県矢板市の公衆トイレ脇の植え込みで25日、生後間もない乳児の遺体が見つかり、県警矢板署は26日、出産した県北居住の高校1年生の少女(16)を殺人容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。
 矢板署は、トイレ内に血痕があると遺体発見の約8日前に通報を受け周辺を調べたが、乳児の遺体を見つけられなかった。県警幹部は「見落としがあったと言われても仕方がない」と話す。
 県警によると、乳児の性別は男で、身長は約46センチ。発見時は裸でへその緒が付いていた。少女は16日夜、矢板市扇町1丁目にあるJR矢板駅西口の多目的トイレで乳児を産み、放置すれば乳児が死亡する危険性が高いことを認識しながら、トイレ脇の植え込みの中にそのまま置き去りにし、殺害した疑いをもたれている。
 17日朝にトイレ内に血痕があるとの通報が矢板署にあり、署員がトイレやその周辺を調べたが、植え込みの中にある遺体を見つけられなかった。8日後の25日朝にタクシー運転手らが見つけて通報した。
------------------------------------------------------------------------------------------------