2016/10/28

「未来へ投資」4歳児も教育無償に 大阪市、認可外保育所も検討


産経WEST様
------------------------------------------------------------------------------------------------
大阪市の吉村洋文市長は、5歳児に対して実施している教育無償化を、来年度から4歳児にも拡大する方針を明らかにした。
 5歳児の教育無償化は、政令市としては初めてで、市は今年度当初予算に約25億2千万円を計上し、保護者の所得に関係なく国公私立の幼稚園(一部の私立は保育料に上限あり)に通う5歳児の保育料を全額無償化。認可保育所の5歳児は保育料のうち5~6割(教育費相当分)を無償化している。
 市によると、4歳児を無償化すれば、来年度計約53億8千万円が見込まれる。また、現在は対象外の認可外保育所に通う幼児を含めるかどうかも検討している。
 吉村市長は今任期中に、3歳児までの教育無償化の実現を目指すと明言している。25日の市議会本会議の答弁では、「将来の消費者、納税者となる子供の未来への投資だ」と強調した。
------------------------------------------------------------------------------------------------