2016/10/26

大阪市 4歳児も教育費無償に 認可外保育所も対象 市が方針


毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
大阪市は、現在5歳児で実施している教育費の無償化を2017年度から4歳児まで拡大する方針を固めた。25日午後の市議会で表明する。これまで対象外だった認可外保育所も、来年度から無償化の対象に含める方向で検討に入った。対象とする無認可施設の選定方法や、利用者への給付方法などを調整した上で予算化を目指す。
     国公私立の幼稚園や認可保育所に通う4、5歳児各約2万人を対象とした場合、無償化で市が見込む予算は約53億8000万円。今年度に5歳児のみで計上した約25億円の倍以上となる見通し。市予算は当面200億円程度の収支不足が見込まれており、財源の確保が課題となりそうだ。
     大阪市は今年4月から、学校教育法で「学校」として扱われる幼稚園の保育料は原則全額無料、認可保育所の保育料は5~6割部分を教育費とみなし、所得制限なしで無料にした。吉村洋文市長は19年12月までの任期中に3、4歳児へも拡大する考えを示していた。【念佛明奈】
    ------------------------------------------------------------------------------------------------