2016/10/21

熊本・益城に南極の氷届く 子供たちから歓声


朝日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
熊本地震で被災した熊本県益城町の広安西小学校に18日、南極観測船「しらせ」が持ち帰った南極の氷が届き、手に触れた子どもたちから大きな歓声があがった。
 自衛隊熊本地方協力本部が子どもたちを元気づけたいと企画。海自が運用する「しらせ」から提供された氷を使って5年生に特別授業を開いた。同本部は、8月まで広安西小にあった避難所への食事や風呂の提供など被災者支援の調整に携わり、その縁で実現した。
 子どもたちは氷の冷たさに「家の冷凍庫のと違う」「すぐ低温やけどしそう」。何千万年も前の空気を含んで凝縮された南極の氷は溶ける時にパチ、パチと音を立て「不思議」との声もあがった。水上妃羅(きさら)さん(10)は「表面はふわふわで気持ちよかった。すごい元気が出た」と笑顔だった。(平井良和)
------------------------------------------------------------------------------------------------