2016/10/20

小松とまと 給食でいかが 保育施設で園児ら試食


中日新聞
------------------------------------------------------------------------------------------------
「特産味わって」市など発案
 小松市産のトマトを使った給食メニューの試食会が十九日、同市沖町のあおば保育園であり、年長児二十七人がトマト入りのメンチカツを味わった。小松産トマトを使った給食用メニューの開発は初めて。(谷大平)
 同市は北陸最大の生産量を誇るトマトの産地。特産品を子どもたちに味わってもらおうと、市教育・保育協議会給食担当者会と市が新メニューの開発で協力した。食べやすい大きさに切った小松産トマトを具材にしたメンチカツを発案。
 給食担当者会の片岡美貴さん(37)=あおば保育園職員=は、「トマトが嫌いな子でも食べやすくしている。生産者が心を込めて作った物なので残さず食べてほしい」と願いを込めた。
 この日は、十五日に始まった「小松とまとウィーク~夏秋の章~」に合わせて試食会を開催。同園年長児の他、和田慎司市長や生産者、JA小松市の関係者が出席し、ジューシーな衣の中に入ったトマトを味わった。同園の升崎泰空(たいら)君(6つ)は「いつもより甘くておいしかった」と笑顔だった。
 市内のほかの保育施設でも、小松とまとウィーク期間中の三十日まで試食会を実施。今後は子どもたちの反応を見て、給食での提供を検討する。
------------------------------------------------------------------------------------------------