2016/11/22

独自に保育士待遇改善策 国助成に上乗せ、給与増額方針 /滋賀


毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
守山市は保育士の待遇改善のため、来年度から民間の保育園などへの国の助成増額に市独自で加算したり、公立の保育園などの職員の給与を引き上げたりする方針を固めた。宮本和宏市長が18日の定例記者会見で発表した。総額約8600万円規模になる見通しで、来年度予算案に盛り込む。
     市こども課によると、民間への助成の独自加算は総額約2600万円の見込み。保育士1人当たりの給与は国の助成増額で2%相当引き上げられる方針だが、市独自でさらに2・5%を上乗せする。園や保育士のキャリアによって異なるが、国の助成増額と合わせて保育士1人当たり月1万6000円の増額になる計算という。
     また、公立園関係は総額約6000万円の見込み。嘱託職員1年目の月額をこれまでの19万9500円から21万円に増額する他、臨時職員の時給を100~250円アップしたり、担任や主担任を対象とした手当(月額5000円)を創出したりする。
     同市の今年4月1日時点の待機児童数は49人。宮本市長は「自治体間の競争に勝って保育士を確保するために必要だ」と説明した。市では公立園の非正規職員の募集を来月1日に始め、試験は13、15日に予定している。【衛藤達生】
    ------------------------------------------------------------------------------------------------