2016/11/25

保育士の再就職を 不足解消へ県が開く /香川


毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
 資格を持ちながら保育の仕事に就いていない保育士らの再就職を促そうと、高松市西の丸町の専門学校「穴吹パティシエ福祉カレッジ」で、県が支援セミナーを開いた。待機児童の問題が高松で深刻化する中、原因の一つになっている保育士不足を解消するのが狙い。
     セミナーには女性8人が参加。同カレッジで保育士試験対策講座の講師を務める中村典子さんが、ポップアップカードやクリスマスツリー作りなどを指導した。長男(1)を妊娠中に保育士資格を取った影山由華さん(27)=高松市=は「どうすれば子どもたちが喜ぶかを考えながら作った。長男を預けられる施設が見付かれば、保育所で働きたい」と意欲を見せた。
     県子育て支援課によると、今年4月1日に県内の認可保育所で勤務している保育士は3963人。一方、2003年度に始まった制度で県に登録している保育士は今年3月末までに計1万499人。ただ、県外に住む人や既に亡くなった人も含まれ、保育の仕事をしていない保育士が県内に何人いるかは把握していないという。【植松晃一】

    ------------------------------------------------------------------------------------------------