2016/11/04

保育士就労の力に 市がセンター開設


毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
保育士不足を補い、待機児童の解消を図ろうと、札幌市は31日、施設に就労希望者をあっせんする「市保育士・保育所支援センター」を開設した。菊地博センター長(75)は「復職や就職を目指す人と、人手不足に悩む保育施設両方の力になりたい。気軽に相談してほしい」と利用を呼び掛けている。同センターによると、神奈川県や京都市なども同様の支援施設を設置している。
     同センターは、保育施設に対し、資格を持ちながら働いていない「潜在保育士」や保育士志望の学生らをあっせんするほか、保育士資格や幼稚園教諭の免許取得の相談に応じる。すでに市内61の保育所などから求人依頼が寄せられている。
     札幌市は4月現在、待機児童が前年同月比61人減の8人。しかし、希望施設に入所できない「潜在的な待機児童」は808人に上る。待機児童の背景には、施設不足だけでなく、保育士不足も指摘されており、市は9月の2016年度一般会計補正予算案で、補正総額約28億円のうち、「保育士修学資金等貸付事業費」に18億円を充てている。
     同センターは同市中央区大通西18の山京大通ビル別館2階で、平日の午前10時~午後5時15分、第3土曜日の正午~午後5時に開館。利用無料。問い合わせは同センター(011・624・6171)。【藤渕志保】
    ------------------------------------------------------------------------------------------------