2016/11/22

企業主導の保育所、税負担軽減へ 待機児童対策を強化


朝日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
 政府は、4月に始まった「企業主導型保育所」の税負担を軽くする方針を固めた。来年度から、運営する企業が施設分として払う固定資産税や不動産取得税などを半分に減らす。企業に保育所整備を促し、都市部で深刻な待機児童を減らす一助にするねらいだ。来月まとめる2017年度税制改正大綱に盛り込む。
 一般的な市区町村による認可型の事業所内保育所は、従業員の子ども以外に地域の子どもの受け入れ義務がある。一方、企業主導型は無認可で、大半は地域の子どもを受け入れているが、義務ではない。保育士の割合などの条件も認可型より緩い。
 全国には保育所に通いたくても通えない児童が約9万人いるとされる。安倍政権は「1億総活躍プラン」で企業主導型を即効性の高い待機児童対策と位置づけ、17年度末までに5万人分を確保するとした。
------------------------------------------------------------------------------------------------