2016/11/25

保育所などに通報装置設置 西予市


愛媛新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
 西予市は24日、12月定例議会に提出する一般会計補正予算4億792万円(累計317億1092万円、前年度同期比6・7%増)や条例改正など29議案と報告1件を発表した。特別、企業両会計を合わせた補正総額は4億934万円(527億8426万円、4・9%増)。
 一般会計補正では、相模原市の障害者施設殺傷事件を受け、保育所や学童保育など市内21施設に非常通報装置を整備する費用として1820万円。2017年4月に明間小学校を皆田小学校に統合するのに伴い、特別支援学級を現在の1教室から2教室に増やす改修に344万円を計上した。
 ほかの主な補正は、台風16号で被害を受けた林道復旧費2400万円▽高山、野村、貝吹、横林の4公民館耐震化事業1418万円―など。
 条例改正では、明浜、城川両地域の救急出張所の18年度からの24時間体制を目指し、消防職員定数を66人から69人に増員。改修中の宇和米博物館で17年度から新たに指定管理者制度を導入することも議案に盛り込んだ。

------------------------------------------------------------------------------------------------