2016/11/25

企業保育所も対象=脱脂粉乳の免税拡充-財務省


時事通信ドットコム様
------------------------------------------------------------------------------------------------
財務省は22日、企業の運営する保育所が給食で使う脱脂粉乳に対する関税を免除する方針を固めた。幼稚園などを対象とした無税制度の範囲を拡大する。都市部で深刻化する待機児童の解消に向け、固定資産税の減額とともに給食に関する優遇措置も拡充し、受け皿となる保育所の設置を企業に促す。
 対象となるのは、無認可だが一定数以上の保育士を確保するなどの条件を満たした「企業主導型保育所」。財務省は2017年度税制改正大綱に脱脂粉乳関税の免除拡大を盛り込むことを目指し、与党と最終調整に入る。 給食用の脱脂粉乳は、パンに練り込む材料などに使われている。脱脂粉乳は通常、21.3%の税率に加えて1キロ当たり92円の関税がかかる。ただ、年間の輸入総量が約7000トン以内であれば無税とする制度があり、現在、小中学校、幼稚園などが対象となっている。(2016/11/22-16:10)

------------------------------------------------------------------------------------------------