2016/12/05

東京)保育士不足深刻化 来春開園なのに「まだゼロ」も


朝日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
保育士不足が深刻化している。待機児童対策として、来春には都内で多くの民間保育施設がオープンするが、必要な保育士数がまったく確保できていない事業者もある。
 来春に民間の20認可園などが開園し、保育の充実を急ぐ杉並区。計2220人分の子どもの受け入れが新たにできるようになるが、新規で300人の保育士が必要と見込む。
 11月末、各施設の求人活動を後押ししようと、隣の中野区やハローワーク新宿と合同で「保育のおしごと 就職相談・面接会」を開いた。会場のホールに保育事業を営む26業者がブースを開設。「うちの話を聞いてほしい」と来場者を必死に呼び込んだ。
 杉並区で来春、定員約100人の認可園を開く都外の社会福祉法人は17人の保育士が必要という。今年1月から求人を続け、確保できたのはまだ12人。求人はこの4年でどんどん厳しくなっているといい、採用担当者は「来てくれる保育士はもう『神様』です」とため息をついた。
 来春に杉並区で新たな保育施設を開設するが、必要な保育士の確保は「まだゼロ」という区内の社会福祉法人もある。担当者は「4月ごろからずっと募集しているけど、全く集まらない」と話した。…
------------------------------------------------------------------------------------------------