2016/12/22

子供多い世帯の保育料軽減 道が独自に対象拡大へ


どうしんウェブ様
------------------------------------------------------------------------------------------------
道は、少子化対策として、2017年度から子供の多い世帯の保育料を軽減する独自制度を導入する方向で検討に入った。現行の国の支援策について、所得制限の緩和や支援額の上乗せなどを考えている。軽減対象を拡大することで、全国的にも低い出生率の向上を目指す。
 現在の保育料は、保育所に子供を複数預けた場合、2人目は半額、3人目以降は無料となる。ただ、年収360万円以上の世帯は、1人目が小学校に上がると2人目は1人目と同じ扱いになり全額負担に、3人目は2人目の扱いになり半額に増える。年収360万円未満の世帯は、1人目の年齢による負担の変更はない。
 道の独自制度は《1》年収360万円未満としている所得制限の引き上げ《2》現在半額としている2人目の保育料のさらなる負担軽減―などを検討している。
------------------------------------------------------------------------------------------------