2016/12/06

看護師や保育士など16種 野口小児童が職業体験


神戸新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
 小学生がさまざまな職業への理解を深める特別授業「職業人と語ろう」が17日、兵庫県加古川市野口町の野口南小学校であった。6年生約110人が16職種のうち、二つの仕事を体験した。
 子どもたちが将来を考えるきっかけづくりにしようと、住民有志でつくる東播磨ビジョン委員会「夢のたね」が講師を招いた。
 加古川中央市民病院の看護師は、子どもの入浴法や新生児の生命を示すバイタルサインなどを教えた。神戸新聞東播支社の記者は記事の執筆方法などを伝えた。保育士と製パン機械業を体験した女子児童(12)は「製パン機械業は海外で活躍できるのがすごい。保育士は『大変だけど子どもの笑顔が楽しみ』と生き生きと話していたのが印象的」と述べた。
 特別授業はすでに浜の宮小、野口小で開催済み。本年度は若宮小、尾上小でも行われる。(小林隆宏)
------------------------------------------------------------------------------------------------