2017/01/26

介護施設内に保育所、事業者の運営費補助 栃木県、2017年度から


下野新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
介護人材の確保に向け県は24日までに、介護施設内に保育所を設置する事業者に運営費を補助する方向で検討に入った。育児が原因で離職する人が多いことや、県内に保育所を併設する介護施設が少ない現状を受けた措置で、2017年度からの実施を目指す。また事業所の認証・評価制度を創設するほか、小中学生向けに介護現場を回るバスツアーも開催するなどして、介護職場の魅力をアピールする。(山根茂生(やまねしげお))
 県によると県内には介護施設が約3千カ所あるが、保育所を併設するのは10カ所程度しかないという。このため介護事業者に保育所運営費を助成して施設内保育所の設置を後押しし、出産や育児を理由に離職する職員が出ないようにする。
 認証・評価制度の創設は、介護業界や事業所の取り組みを「見える化」して正しく理解してもらうのが目的。統一基準による評価を公表することで、学生らにとっては就職活動の際に事業所を選ぶ基準になる。事業所側は認証取得の際に必要な支援が受けられ、認証後は学生らにアピールする材料となる。

------------------------------------------------------------------------------------------------