2017/01/26

府営住宅に保育事業所 交野に4月開設へ


大阪日日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
大阪府は4月1日から、交野市内の府営住宅の空き室で小規模保育事業所を開設する。定員は15人程度を予定している。同市の待機児童は増加傾向にあり、受け皿を確保して早期解消を図る。府営住宅を活用した小規模保育事業所の開設は昨年11月の島本町に続いて2例目となる。

 交野市内の「府営交野梅カ枝住宅」を活用。大阪府は府営住宅の空き室の利用を進めており、同市が公募で選定した個人事業者が運営する。この事業者が代表理事を務める一般社団法人は、同市内で小規模保育事業の運営実績があるという。
 同市こども園課によると、市内の待機児童数は2014年(4月1日時点)16人▽15年(同)29人▽16年(同)47人▽17年1月は92人-と増加。市内に市立と私立の計10保育所のほか小規模保育事業所3カ所があるが、受け皿の確保を進めている。
 同課によると、府営住宅での開設に当たって、騒音や送迎マナー問題への住民の不安の声を受け、隣の棟を含めて各戸に理解を求めたという。「大きな反対はなく温かく迎えてもらっているが、室内の防音対策の整備も考えている」としている。
------------------------------------------------------------------------------------------------