2017/01/08

郵便局を保育所に 厚労省、自治体に空き情報


日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
厚生労働省は不足している保育所の用地を確保するため、都市部などにある郵便局の空きスペースを活用する。厚労省が総務省や日本郵便と調整し、空きが見つかれば地元の自治体に情報を伝える。郵便局はバリアフリーなどで保育所が備えるべき設備をそろえている場合が多い。都市部に多い待機児童の解消につなげる。
 厚労省はすでに郵便局の空きスペースの調査に入っている。情報を順次、市区町村に提供していく。その後、自治体と
------------------------------------------------------------------------------------------------