2017/02/27

保育所関連で46億円予算使い残し 大阪市補正案、地価高騰響く


日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
大阪市は24日、2016年度補正予算案をまとめた。一般会計は1兆6462億円と前年同期比5.5%減った。民間保育所の整備が進まず、保育所関連で46億円の使い残しが出るなど245億円減額した。待機児童の解消は市の重要施策だが、目標と実績が乖離(かいり)した形だ。
 民間保育所については増改築や小規模保育所を含めて16年度中に完成する58カ所の整備に補助する予定だったが、実施はこの約半数にとどまる見通し。地価上昇で保育所用地を確保できず、16年度中に整備できないケースが相次いだためだ。
 民間保育所整備費は27億8千万円使い残した。新規整備の減少で保育所へ通う児童数も予定より約1900人減り、保育所への給付費も18億8千円が未消化となった。
 17年度は定員を6千人増やして保育所への補助を拡充するが、地価上昇への対応が課題となる。
------------------------------------------------------------------------------------------------