2017/02/23

金ケ崎の岩手工場内に保育所 トヨタ東日本が計画


岩手日報様
------------------------------------------------------------------------------------------------
トヨタ自動車東日本(宮城県大衡(おおひら)村、白根武史社長)は2017年度、岩手工場(金ケ崎町)敷地内に保育所の開所を計画している。最大40人規模の施設を建設し、社員のほか周辺企業の従業員や近隣住民の児童も受け入れる方向。県によると、複数の企業や地域にも開放する事業所内保育所は全国でも珍しく、待機児童の削減や女性の活躍に弾みがつきそうだ。
 同社は岩手工場と宮城大和工場(宮城県大和町)の敷地内に同規模の保育所整備を予定。定員は未定だが、0歳児から通常保育や一時預かり、延長保育に対応し、病児保育も検討する。
 対象は自社従業員の児童のほか、岩手工場が立地する工業団地を中心に周辺企業の従業員や近隣住民も利用できる形で開放する。
 県の協力を得て国の企業主導型保育事業を活用する予定で、開所時期は今秋以降。保育料や参加企業、受け入れ児童数などを今後検討する。
------------------------------------------------------------------------------------------------