2017/02/05

保育士目指す学生に修学資金 無利子で貸し付け


神戸新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
兵庫県と神戸市は2日、保育士確保策として、県内在住の学生に修学資金を貸し付ける事業を始める、と発表した。授業料として月最大5万円(最長2年間)を、引っ越し費用などの入学、就職の準備金も各最大20万円を無利子で支給。県内の保育所や認定こども園で5年間働けば、返済を免除する。
 保育士を養成する大学、短大、専門学校に通う学生から、成績や経済事情などを考慮し、学校が県保育協会、市私立保育園連盟に申請する。県は早ければ年度内から、市は2017年度から貸し付けを始める。国が予算の9割を担う。
 各自治体は施設を増やし待機児童に対応しているが、保育士不足を理由に受け入れ児童の定員を減らすケースがあり、問題の解消につながらない要因になっている。
 15日に学校対象の説明会を県庁で開く。(斉藤正志)
------------------------------------------------------------------------------------------------