2017/04/29

企業主導型保育所、立地ミスマッチ 待機児童ゼロ地域で増加


日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
 政府が待機児童対策の柱に据える「企業主導型保育所」の整備が子供の多い都市部で進まず、待機児童が「ゼロ」の地域にできるミスマッチがおきている。内閣府の資料を分析すると、設置が決まった約2万人分のうち、待機児童が集中する地域にあるのは4割どまり。逆に3分の1近くが待機児童がゼロの自治体にあった。なぜニーズがあるはずの場所で保育所が増えないのだろうか。(矢崎日子)
 企業主導型保育所は、企業が主に従業員
------------------------------------------------------------------------------------------------