2017/05/16

大阪市役所などに保育施設設置へ


MBS様
------------------------------------------------------------------------------------------------
 大阪市は待機児童対策として、市役所と区役所のあわせて21か所に新たに保育施設を設置し、来年4月から受け入れを始めます。

 「これまでのやり方では待機児童ゼロにならないですから、これまでの常識と違う常識で対応してもらいたい」(吉村洋文大阪市長)
 待機児童の解消が急務となっている大阪市。その対策として、市役所や区役所にある授乳スペースや会議室などを活用して、保育施設を設けることを決めました。新たに21の施設を造ることができ、1つの施設で6人から19人程度の児童を受け入れることができるということです。
 大阪市の待機児童の数は新規利用者の増加などから2年連続で増加し、4月1日現在で325人となっています。市は今月23日から保育施設を運営する事業者を公募し、来年4月の開園を目指します。

------------------------------------------------------------------------------------------------