2017/05/23

保育士の夢、県が後押し 無利子で学費貸与


中日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
岐阜県は、保育士を目指す学生に無利子で学費を貸し付ける。卒業後に県内の保育所で五年間働けば返済を免除する仕組みで、利用者を募っている。待機児童の解消に向け、保育人材の定着を促すのが狙い。
 県内の大学・短大九校の保育士養成課程の学生を対象に、昨年度から導入した制度。本年度は、県外の学校に通う学生も新たに対象とした。入学や就職の準備金、授業料などとして最大百六十万円を貸し付ける。定員は昨年度から三十人増の五十人。
 厚生労働省によると、県内の保育士の有効求人倍率は一・三四倍(昨年十一月時点)。賃金の低さなどから、求人に対し求職者が集まらず、人手不足が続いている。
 一方、県内の待機児童は五十八人(今年一月時点)で、すべて三歳未満児。県条例は三歳未満の子を預かるには手厚く保育士を配置するよう定めており、各保育所では人材確保が急務となっている。
 貸し付けの利用募集は二十二日まで。応募多数の場合は家庭の経済状況などを審査する。申請書は県社会福祉協議会のホームページなどから入手できる。(問)同協議会=058(273)1111
 (近藤統義)
------------------------------------------------------------------------------------------------