2017/06/22

千葉)民間の保育士給与、3万円補助で最終調整 千葉市



朝日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------
待機児童の解消に向けて、千葉市が民間保育施設の保育士給与を月額3万円程度補助する方向で最終調整に入ったことが19日、わかった。調整がつけば、今月下旬に開会する市議会6月定例会に関連予算を計上する方針だ。
 千葉市は2014年、15年と2年連続で4月1日時点の待機児童ゼロを達成したが、その後は民間の保育士不足などで入所希望の増加に応じきれず、昨年は11人、今年は33人と「ゼロ」を逃している。市は「緊急アクションプラン」を4月に策定、給与上乗せの待遇改善はその一環となる。
 市は、県が月額で最大2万円を市町村に補助する方針を決めたのを受け、市側の負担割合や近隣自治体の動向も踏まえて、上乗せ額を3万円程度にする方向で検討している。ほかに、研修の充実など働きやすさの改善に向けた支援も展開する方針だ。
 保育士の給与改善策を巡っては、東京都が4月から月額4万4千円の補助を開始。都に隣接する市川市は月約4万円、近郊の船橋市は約3万2千円を補助するなど、競争は激しさを増している。
 熊谷俊人市長は、8日の定例会見で「本来は(保育士の)官民格差の是正は国がやるべきだ」とした上で、緊急の打開策として「市の保育士確保に効果がある、妥当なレベルを見極める」と述べていた。(熊井洋美)
------------------------------------------------------------------------------------------------