2017/06/19

また食物アレルギーでミス 京都・宇治市の保育所、代替え食取り違え


産経WEST様
------------------------------------------------------------------------------------------------
京都府宇治市立善法保育所(同市宇治善法)で、ともに卵の食物アレルギーがある0歳男児と別の子供の代替え食を取り違えて食べさせたと、同市保育支援課が14日発表した。男児に症状は出ていないという。
 同課によると、同保育所で13日、給食で卵焼きのメニューが出され、卵アレルギーがある2人の子供は代替え食を持参し、冷蔵庫で保管していた。それぞれの袋には名前が書かれていたが、0歳児の食事の際、保育士が名前を十分に確認せず、もう1人の子供の代替え食を提供したという。
 同保育所では同日、保育所で調理したおやつの「じゃがもち」に直径7ミリ、高さ5ミリの金属片が混入する事案もあった。2歳女児がすぐに吐き出しけがはなかった。混入原因はこれまでのところ不明という。
 同市では小学校を含め、食物アレルギーの子供への除去食誤配などが4月以降相次ぎ、今回で3回目。
------------------------------------------------------------------------------------------------