2017/07/12

食塩中毒で1歳児死なす、元保育所経営の女逮捕


読売新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 盛岡市の認可外保育所で一昨年8月、預かり保育中の1歳女児に食塩を入れた飲み物を与えて死亡させたとして、岩手県警は11日、元保育所経営者の同市北飯岡、衣料品店従業員、吉田直子容疑者(33)を傷害致死容疑で逮捕した。
 調べに対し、吉田容疑者は「(彩心ちゃんの)体調が悪くなったので食塩入りの飲み物は飲ませたが、具合を悪くさせるつもりはなかった」という趣旨の供述をしているという。
 彩心ちゃんは父親に引き取られた直後に体調が急変。18日午前0時半頃、両親が市内の病院に運んだが、約4時間15分後に死亡した。18日は彩心ちゃんの1歳の誕生日だった。子どもの預かり保育中は保育士が常駐する必要があるが、当時、施設内は保育士資格のない吉田容疑者と彩心ちゃんの2人だけだった。
 盛岡市などによると、保育所は「スマイルキッズ」で、吉田容疑者が15年7月に開設した。市への届け出では、保育士は常勤1人、臨時2人の計3人だった。保育所は事件後の8月31日付で閉所した。
 彩心ちゃんの両親は11日、代理人の弁護士を通じてコメントを発表し、「もう何があっても娘は帰ってきません。せめて真実が明らかになり、二度とこのようなことが起きないようにしてもらいたいと切に願っています」と訴えた。
 盛岡市子ども未来部の石橋浩幸次長は「大切な子どもを預かる施設で事件が起きたことを重く受け止めている。今後、市内すべての保育施設に対し、注意喚起を呼びかける」と話した。

------------------------------------------------------------------------------------------------