2017/07/04

マンションに保育園後押し 大阪市、新築時協議を義務化へ


産経west様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 平成30年4月に待機児童の解消を目指す大阪市が、中規模以上のマンションを建設する事業者に対し、保育施設の整備に関する事前協議を義務化する制度の導入を検討している。同様の制度は関東エリアでは広まりつつあるが、関西では珍しい。大阪市内では新築マンションに入居する子育て世帯の増加が続くことが見込まれ、市は、必要に応じてマンション事業者に保育枠の確保に協力を求める必要があると判断した。
認可外でも人気
 大阪市西区のマンション「ジオ新町」(382戸)。夕方ごろになると、1階に併設された認可外保育施設「都市型保育園ポポラー」に、保護者が子供を迎えに来る。
 ポポラーは管理組合と契約する保育事業者が平成26年7月から運営。居住者は保育料が割引になる特典があるほか、近隣住民も利用できる。一時保育も受け入れており、1日平均で40~45人の児童を預かる。


------------------------------------------------------------------------------------------------