2017/07/07

大阪市認可外保育施設の事故調 最終報告


mbs様
------------------------------------------------------------------------------------------------

大阪市淀川区の認可外保育施設で、去年、1歳の男の子が死亡した事故を受け、再発防止策を検討してきた大阪市の第三者委員会が報告書をまとめました。

 大阪市淀川区の認可外保育施設「たんぽぽの国」で去年4月、利用初日だった浅野響翔ちゃんが(当時1歳2か月)昼寝中にうつ伏せで心肺停止となり、死亡しました。市が設置した保育の専門家などによる第三者委員会は、6日報告書をまとめ、保育士が異変に気づいてから、救急車を呼ぶまでに20分以上経っていたことや、睡眠チェックの方法などにも問題があったと指摘。大阪市に対して、今後0歳児と1歳児のうつ伏せ寝の禁止を保育施設に周知することや、認可と認可外の違いを保護者に知らせることなどを求めました。一方、遺族は会見で事故のあった施設が市の立ち入り調査で高い評価を得ていたことなどへの追及がなく、市に対する検証が不十分だと話しました。


------------------------------------------------------------------------------------------------