2018/03/23

佐賀市と佐賀女子短大が協定

握手をしているビジネスマン・サラリーマンのイラスト
読売オンライン様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 佐賀市と佐賀女子短大(佐賀市本庄町本庄)は22日、相互の発展や地域振興を目指す包括的連携・協力に関する協定を結んだ。

 協定には、子育て環境や教育の向上など5項目について連携、協力することや定期的に協議の場を設けることなどが盛り込まれた。

 市が抱える待機児童の解消に向けて、保育士として働いていない有資格者の卒業生について、短大が同窓会を通じて人材確保に協力する予定。外国語ができる学生に、外国人観光客の対応をしてもらうことも考えている。

 市役所で開かれた締結式で、秀島敏行市長は待機児童問題に触れ、「共通の課題として認識してもらう場がほしかった。連携を深めて、ますますの力添えをお願いしたい」と協力を求めた。佐賀女子短大の南里悦史学長は「協定を結ぶことで双方の活性化に寄与すると認識している」と述べた。

------------------------------------------------------------------------------------------------