2018/03/24

都が新たなベビーシッター策~利用者拡大で「待機児童は減るのか」「質の担保はどうなる」~

赤ちゃんに離乳食を食べさせているお母さんのイラスト
ヤフーニュース様
------------------------------------------------------------------------------------------------

東京都が来年度から新たなベビーシッター施策に乗り出す。

2015年度から始まった「子ども・子育て支援新制度」では、「居宅訪問型保育事業」についても認可事業の対象としていた。しかし、これまでその多くは、障害児ケアや通常の保育が困難な場合に限定されたものとなっていた。

原則として3歳未満の保育を必要とする乳幼児であって、次のいずれかに該当すると市町村長が認めたもの

障害、疾病等の程度を勘案して集団保育が著しく困難であると認められる場合
保育所の閉鎖等により、保育所等による保育を利用できなくなった場合
入所勧奨等を行ってもなお保育の利用が困難であり、市町村による入所措置の対象となる場合
ひとり親家庭の保護者が夜間・深夜の勤務に従事する場合等、保育の必要の程度及び家庭等の状況を勘案し必要な場合
離島その他の地域であって、居宅訪問型保育事業以外の地域型保育事業の確保が困難である場合
出典:厚生労働省
待機児童対策でベビーシッターの活用が可能に
都は2018年度から居宅訪問型保育、いわゆるベビーシッターの認可の活用を広げ、待機児童対策でも利用できるように、新たに「区市町村認可居宅訪問型保育促進事業」を始める。



------------------------------------------------------------------------------------------------