2018/03/27

託児施設のママスクエア、2億円調達

クラウドファンディングのイラスト
日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 託児所併設オフィスなどを展開するママスクエア(東京・港、藤代聡社長)は、大和ハウス工業を引受先とする新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行し、約2億円を調達した。調達資金は事業拡大に伴う人材確保などに使う。

 ママスクエアは託児施設を併設したオフィスを展開している
画像の拡大
ママスクエアは託児施設を併設したオフィスを展開している

 大和ハウス工業が千葉県流山市で28日竣工予定の大型物流施設「DPL流山1」内に保育施設を開設するなど事業面でも連携する。大和ハウス工業の物流施設内で保育施設の開設を進め、人手不足の物流業界で、子育て中の女性が働きやすい環境を整える。

 ママスクエアは2017年に4回の増資を実施し、約4億7000万円を調達した。今回はさらなる増資による株式の希薄化を避けるため、当初3年間は株式転換できないCBでの資金調達を決めた。

------------------------------------------------------------------------------------------------