2018/04/18

企業主導型保育所 人材確保、女性活用へ高い関心

幼稚園の散歩のイラスト(カート)
産経ニュース様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 企業が従業員向けに開設する「企業主導型保育所」。認可施設並みの助成が受けられるため、人手不足解消や女性活用に役立てようと、企業の関心が高まっている。この春、全国で相次いで開園しているが、待機児童問題の解消に役立つかは課題も残されているようだ。(油原聡子)

                   ◇

 今月1日、JR吉祥寺駅から徒歩5分の場所に、企業主導型保育所「りとるうぃず吉祥寺保育園」(東京都武蔵野市)がオープンした。運営するのは、関東で保育事業を展開する「ウィズ」(埼玉県川口市)だ。所有ビルの活用を考えていた富国生命(東京都千代田区)が、武蔵野市に相談し保育園を誘致。開園に至った。ウィズの従業員向けだが、富国生命を含め、数社の提携企業の従業員も利用できるという。

 富国生命吉祥寺営業所に勤務する女性(28)は毎日、長男(1)を預けてから、園の目の前の営業所に出勤する。

 「出産を機に仕事を辞めたので保育園への入所が難しかった。保育園との提携があったことで再就職できました。すぐ駆けつけられる距離に園があるのは便利です」




------------------------------------------------------------------------------------------------