2018/04/27

民設民営の学童保育所 市が運営費補助、子育て環境充実へ 八潮のTX高架下 /埼玉

学童保育のイラスト
毎日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 八潮市のつくばエクスプレス(TX)高架下に今月、同市としては初の民設民営の学童保育所「ちくみキッズクラブ」がオープンした。都市化が進むTX八潮駅周辺の子育て環境を充実させるため、同市が運営費3700万円を補助する。鉄道高架下の子育て関連施設は珍しいが、同市では一昨年秋にも同駅前に親子交流拠点「やしお子育てほっとステーション」が開設された。

 ちくみキッズクラブは同駅から東に約0・5キロの高架下(同市南川崎)にあり、380平方メートルの敷地に建つ軽量鉄骨平屋建て。同市立大瀬、潮止両小それぞれに付設された学童保育所(定員計150人)が満員となる見込みのため、市が公募。TXが両小のほぼ中間の位置にある高架下に保育所を建設し、市内のNPO法人「ちくみ」(青木邦彦代表)が賃借して運営する。

 3月末の開所式で大山忍市長は「民間活力を生かし、特色ある運営ができるよう連携したい」と述べた。定員は両小の児童60人。新学期が始まり、子どもたちは真新しい室内で宿題をしたり、縄跳びをしたりして過ごしている。【武田良敬】

------------------------------------------------------------------------------------------------