2018/04/10

「おおやまこども園」が開園 病後児保育室を設置 日田市、防犯面にも工夫 [大分県]

保父さんと子供のイラスト
西日本新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 日田市大山町の旧大山小跡地に「おおやまこども園」が完成し、8日現地で開園式があった。地元関係者や園児ら約100人が新たなスタートを祝った。

 同園は市が総事業費約3億8400万円をかけ建設した。日田の木材を多く使った木造2階建てで、延べ床面積は927平方メートル。六つの保育室に加え、病気回復期の子どもを預かる病後児保育室もある。遊戯室には壁に付いた突起を登る「ボルダリング」の設備もある。

 園庭が道路から見えにくいように建物を配置し、園舎の入り口は1カ所にするなど防犯面も工夫した。既に保育は始まっており、65人の定員に対し園児47人が通っている。

 市は大山町の3カ所のこども園と保育園が、いずれも築40年以上と老朽化していて、定員を大きく下回っていたことから統合を進めていた。開園式で原田啓介市長は「子育て支援の充実につなげたい」と話した。

=2018/04/10付 西日本新聞朝刊=

------------------------------------------------------------------------------------------------