2018/04/16

都有地転貸の認可保育所第1号、台東区が開設

幼稚園の散歩のイラスト
日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

東京都台東区は区南部の都有地に認可保育所「レイモンド鳥越保育園」を開設した。都から借り受けた土地を運営事業者、社会福祉法人檸檬(れもん)会に転貸して4月にオープンした。都有地の転貸で整備した認可保育所としては都内で第1号となる。

 都有地を区市町村を通じて運営事業者に転貸する(東京都台東区)
画像の拡大
都有地を区市町村を通じて運営事業者に転貸する(東京都台東区)

 都が2016年9月に打ち出した待機児童解消に向けた緊急対策の一環だ。都有地に保育所を建てる場合、以前は都が直接保育事業者に土地を貸し出していた。緊急対策では整備主体の区市町村を通じて転貸もできるように変更した。「事業者の審査などを区市町村に一本化して開設スピードが上がった」(都の担当者)という。

 都は都有地の洗い出しも全庁的に進め、活用できそうな土地の情報を区市町村に年4回提供するようにした。従来は年1回のみだった。

 同園は浅草橋駅から徒歩7分。都水道局の施設があった場所に延べ床面積約650平方メートルの園舎を建てた。定員は90人。13日、視察に訪れた小池百合子都知事は「待機児童対策を進めることで女性の活力が生かされ、子どももすくすく育つ。それが東京の活力につながる」と話した。

------------------------------------------------------------------------------------------------