2018/05/07

保育所入所、AIが数秒で選考 手作業50時間分が数秒で終了、さいたま市で実験 (1/2ページ)

子供たちを見守る保育士のイラスト
SankeiBiz様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 「誰をどの保育所に割り振るか」-。煩雑な認可保育所の入所選考を、市区町村の職員の代わりに人工知能(AI)に任せる動きが出始めた。

 昨年、さいたま市と富士通研究所などが実験したところ、手作業で約50時間かかっていたのが数秒で終了。申し込んだ人に早く結果を伝えられるほか、職員の負担が軽減され、住民サービスが向上すると期待されている。

 本年度を「AI元年」とする東京都港区でも、保育所選考に活用する実証実験を準備中だ。効果を見極め、早ければ来春選考での導入を検討しており、今後各地でこうした動きが広がりそうだ。

 入所選考は、申し込んだ世帯の構成や勤務状況などが点数化され、高い順に割り振られる。さいたま市では希望の保育所をいくつでも申請でき、きょうだいがいる場合は「同時に同じ保育所入所」「入所時期がずれてでも同じ保育所を」「別々でも近くなら」といった要望にも配慮。殺到する希望者を、こうした複雑な条件で割り振らなければならない。

 例年1月の3連休に、約30人の職員が朝から晩まで手作業で振り分けるが、利用申請数は年々増えて昨年4月入所では約8000人分。選考は平日までずれ込み約50時間かかった。




------------------------------------------------------------------------------------------------