2018/05/25

隣の市に移住増、神戸市「取り合っても無意味」


読売オンライン様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 兵庫県明石市が、手厚い子育て施策をテコに、東隣の神戸市からの移住者を着実に増やしている。

 広報紙などで近隣市と比べた子育て環境の優位性を強調。<住民争奪戦>の様相を呈し、神戸市は「人口減社会の中、隣同士で取り合っても意味がない」と反発している。

 ◆ぜ~んぶタダ

 「病院代、薬代、市外の病院ぜ~んぶ無料」「第2子以降の保育料が完全に無料(タダ)」。明石市が1月に作成した転入者向けの冊子には、子育て世代へのアピールが並ぶ。

 特に力を入れるのが近隣市との比較だ。広報紙などで保育料や子ども医療費の自己負担額を神戸市、姫路市、加古川市と比べ、優位性を強調する。

(ここまで278文字 / 残り792文字)

------------------------------------------------------------------------------------------------