2018/05/15

大阪市、保育所の1歳児枠を拡大 待機児童解消へ方針

幼稚園の散歩のイラスト
日本経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 大阪市の吉村洋文市長は14日、保育所などで空きのある4~5歳児の保育スペースを振り分けるなどして、1歳児の保育枠を広げる方針を示した。1歳児を対象に、利用期間を最長2年に限った「期間限定保育」を2018年度中にも導入し、19年4月の待機児童ゼロを目指す。

 大阪市の4月1日現在の待機児童は厚生労働省の新基準で67人。14日に開いた対策会議で、待機児童が多い地域や年齢層を分析した。市内16区はゼロを達成したものの、淀川区は26人、城東区は14人だった。

 年齢別では0~2歳児がおよそ9割を占め、うち37人が1歳児だった。吉村市長は「ターゲット層を絞った集中施策が必要」と話した。

------------------------------------------------------------------------------------------------