2018/05/31

宮城)子ども食堂、仙台市が助成制度

協力して進む子どもたちのイラスト
朝日新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 貧困や家庭の事情で食事に問題を抱える子どもたちに、無料か低額で食事を提供する「子ども食堂」を支援しようと、仙台市が7月から独自の助成制度を始める。食材費などを賄うのに苦慮する運営団体が多いためで、こうした食堂を地域全体で子どもを育む拠点の一つに位置づける。

 市子供家庭支援課によると、これから子ども食堂を始める団体も助成対象に含まれ、個人は除く。2カ月に1回以上開催するほか、学習支援や遊びといった居場所作りの活動を行うことも条件となる。助成額は開設費用が最大10万円、運営費用は最大年20万円。今年度一般会計当初予算に1200万円を計上し、一部はふるさと納税で賄う。

 市内の子ども食堂は、22のNPOやボランティア団体が、公民館や住宅など25カ所で開いている。昨年9月、市内の6団体が助成を求める要望を市に提出。公費助成がなく、寄付や手弁当に頼らざるを得ない現状に触れ、「活動を継続するのが難しい」と訴えた。

 助成は県内では塩釜市、大河原

------------------------------------------------------------------------------------------------