2018/06/05

天神にベルシステム24HDの企業内保育所「ベルキッズ てんじん保育園」

保父さんと子供のイラスト
天神経済新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 ベルシステム24ホールディングス(東京都中央区)は6月1日、同社の福岡第2ソリューションセンター(中央区大名2)内に企業内保育所「ベルキッズ てんじん保育園」を開設した。

保育スペースの様子

 コールセンターサービスやコンサルティングサービスなどを手掛ける同社。同保育所は産休・育休明けの従業員の復職や、育児と仕事の両立を支援するために設置。雇用形態を問わず全ての同社従業員が利用できる。運営はテノ・サポート(博多区上呉服町)。

 昨年4月に、同社初めて沖縄県内の豊崎ソリューションセンターに開設した「ベルキッズ とよさき保育園」に次ぐ2カ所目。同保育所は内閣府による「平成29年度企業主導型保育事業」の助成決定を受け設置。

 天神近くのオフィスビル1階に設置された同保育所は、木のぬくもりを大事にしたという木目調の内装。定員は19人で、月齢6カ月~未就学児を預けることができる。現在8人の利用が決まっているという。

 同社社長の柘植一郎さんは「子どもを預けて別の場所へまた出勤ではなく、職場と一致している同じビルに(保育所を)設けたく、今回実現した」と話し、「卒園すると内定通知書をあげる」と笑う。

 同保育所を利用する、2歳の子どもを持つ同社社員の女性は「入れて良かった。会社の中にあるという安心感がある」と笑顔を見せた。

 同社は勤務先に併設された保育所を利用することで、「子どもと一緒に通勤できる」「子どもの近くで仕事ができる」といった安心感が、従業員の復職を後押しし、生産性の向上にも寄与すると考えている。利用者からは「子どもだけの付き合いでなく、子どもが同僚とあいさつするなど職場の同僚たちと子どもというコミュニティーができるのが良い」という声があるという。

------------------------------------------------------------------------------------------------