2018/06/01

保育士採用 288人不足 本年度調査結果 就職希望 伸び悩みで

幼稚園の散歩のイラスト(カート)
上毛新聞様
------------------------------------------------------------------------------------------------

 群馬県内の保育園やこども園が本年度採用した保育士、保育教諭は、施設が立てた採用計画より288人少なかったことが31日、県の調査で分かった。人手がかかる0~2歳児の保育希望の増加などから施設が採用に積極的になる一方、就職希望者は伸び悩んでおり、不足数は年々拡大している。

 調査は県内の認可保育所と認定こども園、山間地などにある特例保育所を対象に行い、全体の9割に当たる451施設が回答した。施設が採用を計画した保育士、保育教諭の総数は1110人だったが、採用数は822人にとどまった。不足数は16年度の初回調査が191人、17年度は224人だった。

------------------------------------------------------------------------------------------------